HOME
2009年度 西の河原地蔵尊大祭・万灯塔婆供養 体験記 2(サイト管理者 千葉)

2009年6月20〜21日 北海道古宇郡神恵内村川白(月舟寺)

昨年に引き続き今年も参加させて頂きました。
昨年と同様地元の檀家の方々始め若山先生と縁のある方などたくさんの人達が参列されておりました。
今年は運悪く天候に恵まれない状態での開催となりましたが、
その内容をまとめてみましたので興味のある方は読んでください。

6月20日(土) 曇り 月舟寺本堂にて庫裡落成法要及び万灯塔婆供養

午後2時30分天候を気にしながら札幌を出発
私(管理人)の相棒(車)トヨタLN106 平成1年1月登録
年号が平成に変わってすぐの登録車で私と同様にかなりの老体でありますが愛着が有る為手放せない。
車内には、万が一のトラブルに備えてスペアパーツと修理工具をいつも備えております。
22年間のメカニック経験がありますので、簡単なトラブルであれば路上修理も可能です。
紹介はさて置き、いつもながらのマイペース運転で一路川白へ
余市を過ぎたあたりから波の状態が気になる。風は多少あるが波はべた凪ぎ状態(う〜ん悪い予感)
積丹半島は西側と東側で波の状態が正反対になる事が多いので・・・と思いながら神威岬トンネルを
通過した途端予想的中、大きなうねりは無いが今にもウサギが跳ねそうな状態、
微妙だなと思いながら川白到着
すでにたくさんの方々が集まっておりました。

午後6時30分 庫裡(くり)落成法要

昨年11月、月舟寺の檀家の方々はじめ若山先生と縁のある多くの方々からの喜捨により月舟寺の庫裡が改修されました。
その改修に伴い喜捨してくださった方々へのお礼と般若心経が読まれる中、ご住職により庫裡の祈祷が行われていきました。

庫裡(くり)
寺院での行事や法要などの際に食事の準備などをする寺院の台所、また住職やその家族の住んでいる建物。

昨年までは、寺の外に小さい小屋がありそこで行われておりましたが、
改修後は寺の中に移動さられ台所も広く又冬季間でも暖かく食事などの準備が出来る様になっておりました。

ムービー(5.57MB 2分11秒)

午後7時00分 万灯塔婆供養

昨年同様に300本程のローソクに一斉に火が灯されました。
やはり何度見ても幻想的な光景です。

真言を唱える中ご住職によって塔婆に魂が入れられて行きその後、祈祷が行われます。

その後境内に出て祈祷された塔婆や古くなったお守り等のお焚き上げが行われ、万灯塔婆供養が無事終了です。

午後8時15分 書 ライブ

万灯塔婆供養終了後、ご参列くださった方々に感謝の気持ちを込めてご希望の文字を書いて差し上げる
(書ライブ)を執り行いました。

約30名程の人達がそれぞれ思い思いの文字を書いていただきました。

6月21日(日) くもり時々小雨 西の河原地蔵尊大祭

残念ながら、今年は波の状態が悪く西の河原へ渡ることが出来ませんでした。
全く船が出れないと言う状態ではないのですが、皆様の安全を考えて渡航中止となりました。
自然相手ですので、何がおこるか分かりません。
渡航中止決定後ご住職はじめ関係者の方々で西の河原地蔵尊大祭をどの様に進行していくか、討議された結果、車で地蔵堂が見える展望台まで行きそこで供養することが決まりました。
午前10時 各々の車で展望台まで移動(旧安内小学校跡地)

ここから、地蔵堂の方を見ながらそれぞれ参列された方々は供養されておりました。

ここ30年の間で中止となった事は今年を含めて3度目だそうです。

例年ですと6月は天候が良い日が多い様に思っておりましたが、今年の6月は雨の日ばかり続き気温も低い日が多かったですね。(エゾ梅雨か?)
来年は天候が良くなる事を願いましょう。

その後、月舟寺に戻りご住職の読経のあと昼食会を行いそれぞれご歓談後解散となりました。

今回は非常に残念な結果となりましたが、一通り行事を終える事が出来、良かったのではと思っております。
又、この体験記を書くにあたり仏教用語や各地の歴史など色々調べる事が出来、思いがけない事で新たに勉強させられた様にも思います。
特に日常何気なく使われている言葉に仏教からの語源が多く使われている事には驚きました。

最後に補足として、文章に書かれた地名などをキーワードに地名の由来や伝説・歴史的な物を一部まとめて見ましたのでご覧になってください。↓
こちらをクリック 別ウィンドウで開きます。

2008年度体験記はこちら

2009/06 サイト管理者千葉 記


お礼申し上げます。

今回の西の河原地蔵尊大祭に遠くからも、沢山の方々にお越し頂き無事終了いたしました。
誠に有り難うございました。

西の河原へは船で行くのですが、港もなく下船後100m道なき道を歩きます。
今年は前日に「岩宇地区、象風と集う会」の干場名誉会長始め会員の皆様方の
ご尽力により清掃をして頂き、又、いつもは足元を注意しながら特にお年寄りには
大変な悪路でしたが、この日の為に足場を組んで頂き大変歩きやすくして頂きました。

残念ながら今回は海の状態が悪く渡る事は出来ませんでしたが、
皆様のお心づかいに深く感謝申し上げます。

来年も6月の第3週の土曜、日曜を予定しております。
宗派等一切関係ございません、是非皆様のご参加をお待ち致しております。

2009/07 象風 拝